2018-06

上海観光  - 2017.12.22 Fri

12月17日(日)
上海3日目は観光地へ繰り出すことに
娘は中国人が経営するレストランでバイトをしていて、職場の仲間も中国人だったりするので、いろいろ情報は集めといてくれた。私の行きたい所と娘の行きたい所と、お約束の上海タワーと、三ヶ所巡りの1日になった。
まず朝一で向かったのは
娘が行っといた方がいいよと言う田子坊へ。上海で一番刺激を受ける町と言われてるとか言われてないとか?
うん!その通りだった!!!
上海に行ったら絶対に行かないといけない町。

アートな通りがあったり、マンション?のベランダから伸び出した物干し竿の長さが尋常でなかったり、お店の前のコインを入れると動く乗り物の色合いが中国っぽいなと思ったり、自転車ってこんなにたくさんのパンを運ぶことができるんだ?!と感心したり、歩いてるだけでも目に入るものが新鮮で驚きで、ワクワクが止まらない(笑)

田子坊に着いたのが早すぎて、閉まってるお店が多かったので、カフェに入って時間潰し。このカフェがとってもオシャレでした。客席の一つがブランコでした。他に客がいなかったので、もちろんそこには娘が座りました(笑)

10時頃になると、どんどん店が開き始め、人もたくさん繰り出し、あっという間に活気のある町に変身。

路地が四方八方に伸び、どの路地も面白いお店がひしめき合って並んでいる。

クオリティーの低いたこ焼き屋さんや(笑)体に悪そうな真っ黄色のヒヨコの肉まん?みたいな饅頭や、点滴の袋に入ったドリンクや、珍しいものが目に飛び込んで来る。

田子坊を歩き回り、溢れる上海商人のパワーに圧倒されていたらお昼になった。
田子坊の最寄駅の中にあるレストランで昼食。

右上の写真のお汁粉?がめちゃくちゃ美味しくて、かなりの量があったけど完食。綺麗なレストランだと、メニューに写真も載ってるのでオーダーしやすかった。
お腹もいっぱいになった所で次に向かったのは外灘(ワイタン)という街。最寄駅を降りて街を歩き進むと、世界第2位の高さの上海タワーが見えてくる。そこにはポケモンボールみたいな個性的な形の塔東方明電視(東方テレビタワー)など、高層ビルがたくさん建ち並んでいる。ここが夜になると、超豪華な夜景スポットに変貌する。

外灘の街は普通に東京。雰囲気はまんま銀座だった。
昼間の上海タワーを見て、エッグタルトを食べ、人混みを楽しんで😅次に向かったのが、私が行きたいと思ってた場所。後に分かるんだけど、外灘から歩いても行ける場所だったのにわざわざまた地下鉄に乗って向かった😅
その行き先は、豫園(ヨエン)という街。中国風の建物が集まっているエリア。大きな建物が多くて圧倒された。


見慣れない食べ物屋さんがたくさんあって、見てるだけでたのしくなっちゃう。

行列が出来てる店に並んで小籠包?を買ってみた。写真左下は、ストローを刺して中のスープを飲むもいうもの。作ってる所を見ると皮の中にはパンパンに何か(その何かはわからないけど)を詰め込んでまん丸になってるのに、蒸篭で蒸し上がると写真のように平べったくなる。そして中身はスープと化す。なのでスープを飲み干すと中は空っぽ。空になったら皮を食べるという変わった食べ物だった。でもとてもスープが美味しかった。行列できるだけのことはある。
 
ステキな庭園も見学しました。(入園料かかります)古き良き中国の文化を堪能できる街でした。
豫園(ヨエン)を歩き尽くす頃にはすっかり夕闇が…
そこから上海タワーが見えたので、その時初めて、この二箇所は歩いて行ける距離だったんだと気づいた。😅無駄に地下鉄乗ったわ(笑)
歩いて外灘方面に向かうと、昼間とは全く違った景色が目に飛び込んできた。

なんじゃーこの近未来は!!


ほんとそんな感じ。

ロマンチックにもほどがある




上海最後の夜はロマンチックな夜景で〆
あっという間の三日間。翌日は朝9時のフライトなので、ホテルの朝食はパスして6時にホテルをチェックアウトして、タクシーを拾い空港へ向かった。
中国という国に入ってみて、歴史的な背景を感じずにはいられない場面も多々ありました。
台湾と比べるとちょっと緊張する国だったかも。いろんな場面でね。
でも、とっても面白いと思ったし、またいつか行ってみたい国です。そして今回、娘が想像以上に中国語が話せた事が、親としては驚きでした。環境で言葉って覚えるもんなんですね(笑)娘の逞しさに助けられた旅でした。
スポンサーサイト

上海ディズニーへ  - 2017.12.20 Wed

上海2日目   12月16日(土) 


さて、いよいよこの旅一番の目的地、上海ディズニーへ向かいます。


まずはホテル前の路上で親指を立てる。ヒッチハイクか!(笑)


直ぐに黄色いタクシーが止まってくれた。早朝からタクシーはバンバン走ってるので容易に捕まえられる。


行き先は「ディズニーランドー!」って元気よく言えば伝わる。


いや…普通に言っても伝わる(笑)


高速も使ってビュンビュン飛ばすのであっという間に(40分くらいかな?)ディズニーに到着。


ホテルからディズニーまでのタクシー代は94元。帰りのタクシーは86元…?ま、違いはタクシーの古さかな?(笑)園内で買ったチュロスが25元だった。別物だから比べようもないけど、チュロスが高く感じたなぁ。


開園30分前には余裕で到着したけど、当たり前だけどかなりの行列。



荷物チェックを受けたら、さらに何かの反応を見るゲートをくぐってボディーチェック。


こういうのを二回くぐってやっと園内へ



ディズニーで絶対乗らなくてはと決めていたのパイレーツオブカリビアン!


もぉーこれは凄かった!東京ディズニーのまったりなカリビアンとは比べものにならないスケールで感嘆の声を出しっ放しだった。何でこんな事できるの~?!


ぎょえ~!


中国に完敗…





ディズニーで和式トイレに違和感(笑)


洋式も一個か二個あったみたい。


日本とは逆の比率。




プーさんのハニーハント?日本でも人気の高いアトラクションですよね?待ち時間に20分って出てたので、見たくもなかったけど(笑)通り道にあったから並んだら…



余裕で1時間待った😤…ウソつき



次に向かったのはファストパスを取っておいたトロン。ディズニーには珍しい絶叫系アトラクションのトロン。


トゥモローランドって、明日世界っていう表現なんだね



そしてこのトロン、マジでヤバイです。バイクにまたがって恐ろしいスピードで疾走するので、体にかなりのGがかかり


「ヤバっ!マジで死ぬか漏らすかどっちかだ」


と発進したとたんに後悔の念に駆られました。でも、死にも漏らしもせず無事に戻れました。娘も夫も二度と乗らない宣言をしてました(笑)恐るべし絶叫マシン


トロンで魂が抜けかかった所でお昼になったので、ハンバーガーを食べました。


3人で180元。3,600円くらい。結構高い



ペプシコーラの上に余分なシャーベットみたいなのが乗ってて…漢方みたいな味がして…マジ余分(笑)ペプシなのに、どう考えてもD r.ペッパー味。ハンバーガーはまぁまぁ



東京ディズニーシーだと、センターオブ.ジ.アースにあたる山だけど、上海ディズニーのは ただの山。滝の裏側も通路なんだけど、滝のしぶきが入りまくってて通路水浸し(写真右側)



時折風が強く吹いて風船がえらいこっちゃに




見る予定もなかったパレードだけど、人垣がそれほどじゃないので、次のアトラクションに向かいながらしっかり鑑賞。



中国らしい演出も。




海賊劇もすごく面白かった。始まりは吉本新喜劇みたいだっけど、みるみる凄いアクションが始まって、めっちゃかっこよかった。ジョニーデップ役の人も、ちと小柄ではあったけど、なかなか濃い顔してたので、それなりに見えた


劇場内はおそらく撮影禁止なんだと思うけど、10人中4人くらいはスマホ向けて動画まで撮ってる状態。で、スタッフがそれを見ても何も注意しない。もう、放置みたい。東京ディズニーじゃ、怖くて写真なんか撮れないけどね。


海賊のショーも良かったけど、ターザンのショーが一番凄がったなぁー(写真無し)ライオンキングと、シルクドソレイユの融合みたいなショーで、これだけしか見れなかったとしても、悔いはないような素晴らしいショーでした。上海ディズニーに行ったらこれは絶対に見るべし



午前中はずっと曇りでしたが、昼ごろからは青空も日差しも出ましたが、この日の上海は本当に寒くて寒くて、ダウンを着てこなかったことを激しく後悔しました。


最後はダメ押しでこの日3回目のパイレーツオブカリビアンのアトラクションに乗って、ホテルに帰りました。


あーーたのしかったーー!


夕飯はホテルの隣のレストランで食べることにしました。


結局、上海蟹を食べることはなかったのだけれど、エビがめちゃくちゃ美味しくて大満足。お店の雰囲気も良かったし、ウェイターがとても親切で、気持ちよく食事出来ました。



会計は205元。


200元出した所で、細かい5元が無くて、さらに100元出しておつりを貰おうとしたら


「200元でいいよ」と100元札を返された。


レストランで まけてもらった(笑)



その後、デザートが欲しいなぁと思いコンビニに入ってアイスを買う。(写真左下)


…それほど美味くない😅




自販機や冷蔵庫のドリンク名が面白い。



早朝から遊びまくった一日。疲れたー


翌日も観光したい場所が三ヶ所!


そのお話はまた後日

上海へ  - 2017.12.19 Tue

12月15日(金)


HISの上海ディズニーチケット付きツアー


3泊4日で29,800円


安い!


上海ディズニーのチケットの価格の事を書いたあるブログで読んだら平日だと6706円。土日祝日だと9054円(1元=18円で計算)私達が行ったのは土曜日、つまりピークの値段です。そのチケットと、3泊分の宿泊代(朝食付)往復の航空券と、ひっくるめて  にゃんキュッパとはいったいどこで利益上げてるんだろ?海外旅行って安いです







今回乗った飛行機は上海航空



機内はこんな感じ



一応ちゃんと機内食もでました。



フィッシュorビーフorチキン?私はビーフ(上の写真)を、娘はフィッシュを(下)…ビーフにすれば良かったと娘は後悔。迷った時はビーフにしとけばいいのかな?(笑)


機内食にテンション上がる事もなく、3時間弱で上海は虹橋空港に到着。難なく入国手続きも済み、預けたスーツケースが出てくるのを待っていた時のこと…「あっ!出てきたー」…からのぉ~~。壊れてますぜ旦那…😱




実はこのスーツケース、10年以上前にハワイに行くのに買ってその一度だけに使ったものですが、信じられない安さと、これまた信じられないくらい強度を感じないケースでして、無事にハワイに行ってこれたのが奇跡じゃねぇ?っていうスーツケースでした。なので今回の旅がいい機会だから、新しいのを買おうと言ったのに、夫がこんなに新しいのに(使ってないだけでヨレヨレだよ)使わないのはもったいない!って買うことを反対した結果……案の定ターンテーブルの上に乗って出てきたのがあんな状態のボロボロケースで、めっちゃ恥ずかしくて、セコイ夫への不満が爆発!😤😤😤



「ほ~~らね!だから言ったじゃん!!私が恐れてた事が本当になったじゃん!!!だから買おうって言ったのにぃーーー!」とボロボロのスーツケースを間に挟んでブツブツ怒ってる妻と、やれやれという表情の娘。はいはい俺が悪かったよ。と、めんどくさそうに言う夫。上海に上陸した途端に怪しい雲行き…



空港に出迎えに来ていたHISの現地のスタッフにスーツケースを見せて、 「こんな風になってしまったんですけど…この状態のケースでも帰りに預かってくれるんですかね?」と、すでに帰りの事が気になって聞いたところ、近くのインフォメーションカウンターに話してくれたら直ぐに上海航空のスタッフが来てくれて、弁償してくれることになり、新品のスーツケースを持って来てくれた。その場で我が家のスーツケースはタダのゴミに変わり、新品のスーツケースに荷物を入れ替えて上海の旅がスタートしました。













ソフトタイプのスーツケースが良いなぁと思っていたんだよなぁ😅わらしべ長者な気分。ってか、あんな壊れて当然みたいなヨレヨレスーツケースで海外旅行に出かけてしまってすみません…ってな気分のほうが大きかった。上海航空さんありがとう。


ボロボロ事件は一件落着し、気を取り直して地下鉄でホテルに向かう。



買い方は簡単です。日本の方がよっぽど複雑だと思います。



電車内のマナーは…まぁ、日本の方が良いのかな?携帯で普通にでかい声で話してます。😅でも、日本も、電車内でお化粧始めたり、パン食べ始めたりと、携帯どころじゃないマナーの悪い若者を見たことがあるし…日本の方がマナーが良いとは一概には言えないかな?



乗り換えを一回して、40分ほどで無事にホテルの最寄り駅に到着。乗車賃は一人120円くらい。安い!笑



中国では、Google mapが使えません。それに代わる地図アプリを娘がインストールして来てたので、ホテルの方角を調べて歩き出す。五分くらい歩いたところでホテルが見えた。上の写真はホテルの隣のレストラン。下の写真がホテル。





周りには食べ物屋さんや、大きなスーパーなどがあり、とても便利な立地にそのホテルはありました。古いか新しいかと聞かれれば


古いかな?😅




上海のお金の単位は元。100元が一番単価の大きいお札です。ここには写ってないけど、50元札もあります。今回は羽田のトラベレックスジャパンっていう両替所で上海のお金を用意しました。現地の銀行で両替すると良いとかどうとかいろいろが書かれてるけど、多少レートが、悪くても話が通じる日本で替えようと思い、そこにしました。上海では一元を20円計算でお金を使いました。



到着した夜はホテル近くのレストランで夕食をとることにしました。夜の街をぶらぶら。



地元の人が入るようなローカルな店にしました




美味しそうに見えたので選んだこれの正体は結局分からず、具なし茶碗蒸しということに。この夜の夕飯代は3人で1270円ほど。エコノミー家族やわぁ~(笑)



店を出てさらに夜の街をぶらぶら。果物屋さんも遅くまで店を開いている



なんか臭いなぁ…と思ってると干物屋さん



ちと苦手な匂いかな…


通りの壁には中国らしい絵が



ホテルの前には大きなショピングモールが



可愛い飾り付け



お正月の準備?を感じる看板



丸亀製麺は上海にも



そしてサイゼリア



これなんだろう?電話ボックスかな?と思ったら、一人専用カラオケボックスが4つほど並んでました。おっちゃんが悦に浸って熱唱していました。怖っ!



おっと床屋には目が行っちゃうわ。😊上海のメンズは刈り上げが基本かな?清潔感ある若者が多いなぁという印象。



中国っぽいトーマスの仲間(笑)


モールの2階に行くとそこは、まるで上海のコストコ!って感じのフロアーで、雑貨やお菓子や化粧品など、見てるだけで楽しくなっちゃいました。お土産の大半はここで購入。上海最後の夜に、もう一度訪れたショピングモールでした。



翌日はディズニーに行くので、この日の夜は早めに就寝。


翌朝、6時半から始まる朝食に一番に乗り込み、さっさと食事を済ませて、ホテルの前でタクシーを拾い、いざ上海ディズニーへ!!、




はぁー長すぎーー🤪


この続きはまた後日

ただいま~でござる  - 2017.12.18 Mon

3泊4日の旅から無事に帰ってきましたー



娘と私と夫の親子三人旅


今回息子は欠席(あ、誘ってなかったけど)


出かける前に、息子には


もし、飛行機が堕ちたりとか、テロとか


オカン達が全滅した際は


一人でも頑張ってくれよ


と、一応親の想いは託して旅立ちました😅


人生何が起こるか分かりませんもんね



あ、そうそうどこに行ったか書いてなかった



ここ、わかります?








上海です



ビルの夜景…開いた口が


塞がるほど綺麗でした



って、どういう意味やねん(笑)


もう固唾を呑む美しさでした


すでに上海での日々が遠い昔のよう



今回の旅の一番の目的は


上海ディズニーで遊ぶ事でした


そんな思い出をチビチビと綴りたいと思います



今夜は疲れたので明日からの仕事に備えて


寝ます(笑)




マドリッド2日目 スペイン最後の日  - 2016.12.19 Mon

朝食を楽しみに一階のレストランに向かう





野菜無し


オレンジジュース…粉を溶かした感じ


残念な朝食でした…😭


翌日の朝食も、全く同じでした😭



ま、贅沢は敵!


食べないよりはマシです


さぁ!今日も精力的に歩くぞー😅



午前中にソフィア王妃芸術センター


行く予定ですがオープンが10時だったかな?


すぐに出かけたら早過ぎなので


少しヒマ潰してから出かけようという事で


昨夜ホテル周辺で何か面白い所はないかと


友達がトリップアドバイザー?なるもので


質問したら、ここのホテルの近くに


ゴヤのお墓がありますよって返事が



おぉー!ゴヤか


昨日行ったプラド美術館でも


ゴヤの作品で有名な


裸のマハ



着衣のマハ


を、生で観てきたばかりだし


その作者のゴヤがホテルの近くにある


教会に眠っているなんて


これは行かないわけには行かない


ん?どっちだ?行かないのか?


いや、行かなくちゃ!


ゴヤに会いに行かなくちゃ!



ホテルから歩く事10分くらいで到着



あれ?まだ早い


教会のドアが閉まってる



サン アントニオ デ ラ フロリダ


入場無料



こじんまりした建物です



たぶんあと10分もすれば開くね



近くに橋があったので



その橋からの景色を撮ったりしながら


暇を潰してました



遠くに見えるは王宮かな?違うか?


建物のシルエットが綺麗でした



そうこうしていたら、ゴヤの建物に


人が入って行くのが見えた


あ!開いたね!行こう



入り口に入ると左手にオフィス?があり


職員の女性が明るくオラ!と挨拶してくれた


私たちもオラ!と返して中に進む



最初ビデオを見る部屋があって


この建物の天井に描かれている絵についての


解説がスペイン語でひたすらながされていて


意味はわからないけど


なんとなく座っていたくてしばらく聞いていた



そしていよいよゴヤが眠る部屋に入った



高い天井にゴヤが描いた絵を見上げる


ずっと観てると首が痛くなる


ここにいるのは私達だけ


いっそ床に寝転んで観たかったけどね


我慢したわ 



仏教の国に生まれた私達だけど


ゴヤのお墓の前でひざまづき


手を胸に組み祈りを捧げたわ



アディオス!


オフィスの女性に声をかけ外に出た


この建物の横に教会があったので


そっちも入ってみようとドアを覗き込む


すると入り口のベンチに座ってたカップルの


女性の方が、私たちに話しかけてきた


思いっきりスペイン語で


どうやら、ゴヤの墓ならここじゃないよ


隣の建物だよと教えてくれてる



いやいや、もうそっちは行ってきたから


わかってるから大丈夫よ!



そう一応英語で言ったつもり


だけどぜんぜん無視で、私に付いてきて!


とばかりに歩き出す


仕方なくしぶしぶ後を歩く私達



あ!そうだ、パンフレットを見せれば


わかってくれるかな?


ヘイ!ヘイ!って彼女を呼び止め


パンフレットを見せて再度


私たちはも見たんだよと伝えた



するとどうだろう



私はお金がない


ベンチで寝て、食べるものもない


私はあなた達に親切にした


だから私にお金を頂戴




バリバリスペイン語でまくし立てるけど


ジェスチャーで


言ってることが手に取るように分かる



ヤバ!



ここは言葉を理解してると思われたら困る



イングリッシュプリーズ!


イングリッシュプリーズ!って応戦


だけど何度言ってもスペイン語…



アイアム ジャパニーズ


スパニッシュ   ノー!


ってひたすら応戦



もしポケットに小銭があったら


めんどくさいからあげたかもしれない


でも、お金はしっかり財布の中だ


彼女の前で財布を出したくなかった


財布の中身を見られて


もっとクレ!とかって粘られたら


たまったもんじゃない


そっちがスペイン語でまくってくるなら


こっちは日本語だ!!



えーー!何言ってるかぜんぜん


わっかりませ~ん🙄



え?何?何言ってるの??はぁ?🤔



スペイン語VS日本語


漫才か!


最後はこっちもジェスチャーで


腕の時計をポンポンと叩いて


(腕時計してなかったけどね😀)


時間が無いのよ!じゃぁね!



って、日本語で言ってその場を離れた


追ってきたらどうしょーって思ったけど



ふん!ケチ!ってたぶん言いながら


彼氏の所に戻って行った



ふぅーー


親切ぶって話しかけてきて


金を要求するってやつ


世界一周の旅をしてる


金丸君のブログでもよく出てきた話



あぁ、これのことかぁ


と、リアルにそれを体験したわけだ


ブログ読んでなかったら怖かったかも


そもそも私たちは何も彼女からの親切を


受け取っていない


むしろ貴重な時間と清々しい気分を


奪われただけ


くっそー


そっちこそ金よこせ!だよね



と、そんなこともありました


って事で気を取直して


ホテルのところまで戻った


そこからTAXIを拾い


ソフィア王妃芸術センターに向かった



芸術センターでチケットを出すと


手荷物検査を受ける


空港と同じように荷物をセンサーに通す


セキュリティーが凄い


これはプラド美術館でもそうだった



斜めショルダーのバックを背負い


中に入ろうとしたら


おっさんに呼び止められた


え?と思ったら



バックは後ろにしないで、前で背負いなさい


と、ただの注意喚起でした


スペインはスリと置き引きが


とても多いんだそう


観光客が被害にあうとスペインの評判が下がり


観光客が減っちゃうもんね


私も4日目になり、ちょっと気を抜いてたな



さて、この芸術センター


何が見所なのかと言うと


ダリやピカソが展示されてます


ピカソの有名な


ゲルニカが観れるんです


このゲルニカの大きさといったらビックリ


大迫力です


その大きさからかゲルニカは


この芸術センターから門外不出の作品です


有名な絵画って世界中の美術館を旅しますよね


モナリザも昭和49年に


東京国立博物館に来ましたね


一日で3万人以上の来所者がいたそうですよ


なんとなくそのフィーバーを


テレビで観た覚えが…



あれ?まだ生まれてなかったかなぁ?😅



話を進めよう



ゲルニカのスケッチ画も、展示されてて


それだけ見るとピカソもそれほど


絵が上手いわけじゃないのかな?と


思ってしまうような感じだったけど


その完成形はまさに芸術そのもの


思わず、ポスター買って来ちゃったわ😅


額を自分で作って部屋に飾るのが楽しみ



と、感動はそれくらいで


ここはそんなに時間を費やす程でもなく


おや?もうお昼だねって事で


芸術センターの直ぐ近くの


イタリアンのお店でお昼を食べることにした



ウエイトレスは黒人の若い女性


店内は誰もいないけど


外のテーブルには数組の客が


この国の人は外が好きなのかな?


私たちは中が好き(笑)寒いしね😅


写真の真ん中が店の外観


アパートの下のテナントって感じ?


店内の雰囲気もとてもいい


流れてるBGMが好きなナンバーが多かった


ブルースあり、ボブディランありと


ジャンルごちゃ混ぜだけど


知ってる曲が多く流れてて楽しめた


日本の有線みたいな感じかな



私は大好きなカルボナーラ


チーズにパンチがあったわ!旨し!



午後3時前にはホテルに戻らないとだけど


TAXIで帰っちゃうとつまらないから


歩いて帰ろうか?ってなり


道端のポリスに道を聞いた



オイオイ!歩きで帰るだって!?


クレイジーだぜ!ベイビー



あ、ベイビーは言ってません😅


要は歩くには距離がありすぎるよ


TAXIで行きなさい



でも、私たちは歩きたいのです



いやいや、TAXIじゃなきゃ無理だって



しばらく繰り返し😀



はーい、わかりました😜



もういいや😅


ガイド本の地図を開く


スペインにはあちこちに広場がある


大きな広場を目指しながら


戻れるところまで戻ろう!


(ポリスに道聞いた意味なし  笑)



ナビを起動させ、ホテルの方向だけチェック


あとは勘ナビゲーションでひたすら歩く


クリスマスの近づいてる街は活気がある



途中入り込んだ大きなマヨール広場では


クリスマスの市で大賑わい


バルセロナ2日目のブログで


カタルーニャ広場の事をマヨール広場と


書いてしまってたけど、これが


本当のマヨール広場😅




やっとの思いで人混みを抜けた



このトンネルを抜けると


人にぶつからずに歩けるようになった


街並みが美しくて上ばかり見て歩いてしまう




ホテルまでかなり近づいたところまで


きてるはずだけど、時間制限もあるので


ここでようやくTAXIを拾いホテルに戻る


やはり思った通り行きの料金の半分だった


節約になったわぁー😃って言っても


スペインのTAXIはもともと安いのです



無事ホテルに戻りちょっと部屋で一休み


参加するオプショナルツアーは


もし、スペインに半日しか居られないのなら


迷わずトレドに行け!


と言われる程素敵なトレドに行くツアーです


マドリッドから1時間ほどバスに揺られ


着いたそこはもう別世界



タイムマシーンに乗ってきたよって感じ


歴史的な知識が全くないから


このトレドの凄さがわからないけど


本を買っちゃったんで


これから勉強します😅


スペインに住んで39年になると言う


ガイドのおじさんの話が面白くて


バスの中では大笑い


トレドの案内もとても上手


仕事だから当たり前か😅



 








エルグレコの絵画も鑑賞出来ました


エルグレコって、名前が好きだったわ



大聖堂の中にエルグレコの絵が展示されてて


それも、フラッシュ焚かなければ


撮っていいって言うので撮ったわ


ガイド本にも乗ってるんだけど


本で見ると色が全然安っぽくて


本物は比べ物にならない美しさでした


その安っぽく写ってる本がこれ



スペイン人のおっちゃんがカタコトの


日本語をしゃべって売るのがなんとも


面白くて買っちゃったわ


8€の定価のところ


赤線で訂正して5€にしてあるところが


どの国も商売の仕方は同じねとクスっとなった


トレドの街の中のパン屋さんの


ショーウィンドウ



帽子屋さんみたいなディスプレイよね



石畳の街の細い路地を


登ったり下ったりしながら


いつしかトレドの街は夜に包まれた




これでスペインでの観光は終わり



バスはホテルからちょっと離れた場所まで


戻ってきてそこで解散


皆その後は好きに行動しながらホテルに帰る



私たちはバスから降りたら直ぐに


トレドツアーのガイドのおっちゃんに聞いた


チキン料理の美味いカサミンゴという店に


向かって歩き出した



もはやホテル周辺は庭だ


すっかり道を覚えたし


ましてその店は、朝行って来た


ゴヤのお墓の建物の隣と聞いたからそりゃもう


余裕で知ってる道じゃん!!



歩くこと30分くらいかな?


人気店で予約しないと入れないかもよって


言われたけどラッキーなことに


奥の席に空きがあったのだ!



さっそくその店の名物のチキングリルを食べた



ケンタッキー超えてるね!


マジでマジで感動したわ


私、チキンの皮が好きじゃないんだけど


このチキンの皮がパリッとしてて


超~ウマ!


もう手で持ってかぶりついたわ😅



私たちが食べ終わるのを


見計らってたウエイターのおっちゃんが


すかさず寄って来て


デザートはどうだい?


っときたよ🙄




なにがあるの?って聞いたら


メニューを指してアイスクリームって言うから


もう最後の夜だし、気張っちゃおうか!って


デザートのアイスクリームをオーダー



で、運ばれて来たのが


上の写真にある


左下のアイスバーだったの😱



なめとんのかい!ワレェ!



ただ、めっちゃ香ばしくて美味かったので


なんの文句もござりません😅



料金の10%ほどのチップを添えて


お会計を済ませホテルにむかって歩き出す




間も無くホテルというところで


昨日ランチをとった店の前に近づいた




あ!シモンだ!



シモンも私に気づいてる



きゃーーー!(心の叫び)


シモンまであと1メートルのところで


アミーゴ~!


ってハイタッチ!😊


シモンも応えてくれて


わぁーって再会をお互い喜んだ



私たちは明日日本に帰るのよ



って言うと


ほんとに悲しそうな顔をして


会えて嬉しかったって


握手してきたの



ここはハグだろ!ハグ!


😅


妄想が先走りまする…



もう、帰るのやーめた!




って言いたかったわ…😢



後ろ髪引きちぎられる想いで😩


サヨナラをしたわ



アディオス!よりも


いつかまた再会できる日を信じて



チャオ!って言って別れたの




きゃーーー!


ここだけロマンチックじゃない??



え?気持ち悪い??


あっそ


でも、とってもいい想い出になったわ✨


話しかけなければ何も始まらない


さぁ!みんな


話しかけよう!


人類は兄弟!


世界は一つ!



THE END



一個前のブログが長すぎて


ゲロ吐きそうだと


友達からのクレームが来たので(笑)


今日はもっと長いブログになったわ




読み切った人



変態ね


でも、ありがとう!



✨グラシェス✨




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

リョウ

Author:リョウ
手作り系のマーケットに出店している「WOOD WORKS」です


お問い合わせ等ございましたら、お気軽にメールフォームから
どうぞ(^<^)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (128)
木工・雑貨 (287)
イベントのお知らせ (189)
イベントレポート (118)
日常 (234)
ランチ (30)
おでかけ (192)
病気の事 (7)
ペット(犬) (23)
非常事態 (6)
理容師の仕事 (37)
 音楽な毎日 (54)
人物 (9)
お店情報 (6)
本 (2)
映画 (58)
名言 (0)
ぼやき (8)
海外旅行 (13)
NETFLIX (2)

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブログパーツ